当社の取り組み

近年のハチの減少について

近年、テレビやニュースなどでご存知の方も多いとは思いますが、ミツバチの減少が顕著になってきています。
日本ミツバチについては、もう数年前から数は徐々に減りつつあります。
ハチというのはミツバチに限らず、スズメバチでも、数が減ってくると人間の生活にも少なからず影響してきます。

例えば、最近の都市近郊でのキイロスズメバチや、コガタスズメバチの激増も、一番の原因は最大の天敵であるオオスズメバチの減少にあります。
オオスズメバチは営巣場所やエサなどの関係でなかなか都市には適応出来ません。
人間が山を切り崩していった結果です。
その他、スズメバチの少ない年には多くのスズメバチが捕食する、蛾や、クモなどの多発生などがあります。
民家などの人間に被害が出るところに巣を造ってしまうと害虫になりますが、そうでなければ他の害虫の捕食者でもあり益虫なのです。

生態系を守る為に私たち駆除業者が出来る事

当社では、むやみに蜂の巣駆除をせず、駆除依頼を頂いた場合でも、自然界の生態系を少しでも守る為、無理に駆除をする必要の無い場合や、場所であればそのまま駆除をせずに、冬の蜂の越冬まで待つなどのご提案もさせて頂いています。
もちろん、ご不安な場合などは駆除をさせて頂きます。
1人でも多くのお客様に蜂の生態を知って頂き、無理に駆除する必要の無いものまで駆除をしないよう呼びかけています。
対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。