蜂の生態

スズメバチの生態

スズメバチは一年生の生活様式を持ちます。
5月ころ土中や、朽木の中での長い越冬を終えた創設女王蜂が現れ、単独で巣造りを開始します。

小さい初期巣を造り、産卵をした女王蜂は最初の働き蜂が羽化する約1ヶ月の間、産卵、巣の拡張、エサ集め、外敵防御、育児をすべて1頭で行います。働き蜂が羽化すると女王蜂は産卵に専念し、その他のことは働き蜂が行います。そのまま成長し続けると秋前には、次世代の新女王蜂とオス蜂が多数生まれます。新女王蜂やオス蜂は、同巣のハチとは交尾せず、他の巣のハチと交尾し、新女王蜂は、そのまま冬眠に入り、オス蜂は死にます。(コロニー解散)

生殖個体(新女王、オス)の産出期に入った巣内では、創設女王蜂は死に、働き蜂も衰退の一途をたどります。したがって、基本的に冬は巣内は空になるのですが、ここ数年、温暖化の影響か、巣内に冬でも働き蜂が生きていることが増えています。

よく質問のある巣の模様や材料は、朽木なのど木材です。アゴで、木を削り取り唾液と混ぜ団子状にして、巣に持ち帰り引き伸ばしていきます。それで、採取してきた木材の色の違いがそのまま巣の色となるので、縞模様に見える訳です。

まず有り得ませんが、もし、それぞれの働き蜂が同じものを運んでくれば、巣の色は縞模様ではなく単色になります。

ミツバチの生態

ミツバチも基本的には同じ生態ですが、巣の材料は外部からではなく自分たちの分泌液(ミツロウ)で作ることや、女王蜂の生まれ方などが違います。冬眠はせず、コロニーの解散もなく、同じ巣を何年も使います。冬場は気温が高ければ働きますが、普段は夏場に貯めた蜜で生活し、巣から離れません。春に新女王蜂が誕生すると、それまでいた女王蜂が半数を引き連れ新しい営巣場所を探しに出ます(分蜂)。
これがミツバチにとっての繁殖であり、子供です。
ミツバチは、女王蜂が単独で巣を造ったりは出来ず、ある程度の数以下になると自然とコロニーは滅びます。ただ、蜂の数は他の社会性バチに比べ、約10倍~20倍の数なので、なかなかそういうことはありません。

コロニーと呼ばれる巣

社会性バチはコロニーや超個体と呼ばれる巣を集団で形成します。
固体、固体が子孫を残すのではなく、コロニー全体で子孫を残すという、きわめて高度で複雑な形態をとっています。ですから、女王蜂を頭とするなら、働き蜂1頭1頭は、普通の生き物の、細胞や手足と考えることも出来ます。
対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。