セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチ〔学名〕Apis mellifera

写真準備中
セイヨウミツバチは多くの養蜂場などで飼育される種で、体は基本的には黄褐色の縞模様ですが、品種改良による交配によって斑紋は様々です。
腹部が橙色である事でニホンミツバチと見分ける事が出来ます。
営巣するとコロニー解散は無く、同じ巣を何年も使いますが、天敵オオスズメバチの攻撃でコロニーが全滅することも珍しくありません。
■営巣場所

閉鎖空間(樹木の空洞部、墓石の中、民家の天井裏、壁など)に営巣し、営巣するとコロニー解散は無く、同じ巣を何年も使います。(寒地では越冬するのは稀)

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。