オオマルハナバチ

オオマルハナバチ〔学名〕Bombus hypocrita hypocrita

写真準備中オオマルハナバチは、体は全体的に黒色で、胸部背面前緑と腹部第2節は淡い黄白色で、尾端は橙褐色です。
主に、高山帯に見られるハチです。
巣は土中に作られることが多く、攻撃性も弱いです。
コマルハナバチとも酷似しますが、コマルハナバチは腹部がぷっくりと膨らんだ様な形をしており、オオマルハナバチはコマルハナバチに比べて細く、活動時期も梅雨明け頃からという所でも判別する事も可能です。
■営巣場所

閉鎖空間(地表、土中、家屋の屋根裏、壁間、など)

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。