ヒメホソアシナガバチ

ヒメホソアシナガバチ〔学名〕Parapolybia varia

写真準備中
ヒメホソアシナガバチは、ムホンホソアシナガバチと同様、他のアシナガバチに比べて体が細長く、腹部第1筋がくびれているのが特徴的です。
そのくびれは顕著でムホンホソアシナガバチに酷似しますが、頭楯に黒褐色の縦帯があり、体がひとまわり小さいことから区別する事が出来ます。
巣は、草木の葉裏や枝、茎など比較的に低い位置に営巣する場合が多い為、剪定や林地の草刈などの作業中に気づかず巣を刺激し刺されることも多いです。
■営巣場所

開放空間(草木の葉裏や枝、茎、家屋の軒先、など)

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。