フタモンアシナガバチ

フタモンアシナガバチ〔学名〕Polistes chinensis antennalis

写真準備中
フタモンアシナガバチは、腹部に黄色い2つの円紋を有することからこの和名が付けられました。
黒色の体に鮮黄色の斑紋を有し、セグロアシナガバチとともに都市周辺でもよく見かけられるアシナガバチです。
巣は垂直方向(横向き)に作られることも多く、家屋の軒下や壁面などに巣を作ります。
■営巣場所

開放空間(家屋の軒下や壁、草木の枝、石垣、など)

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。