セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチ〔学名〕Polistes jakahamae

写真準備中
セグロアシナガバチは、キアシナガバチとよく似たハチで、キアシナガバチと共に日本に産するアシナガバチの中で最大型種です。
黒色の体に黄褐色の斑紋を有し、前伸腹節が黒い事からこの和名が付けられました。
都市周辺でもよく見かけられるアシナガバチで、農作物や庭木の害虫などを捕食します。
キアシナガバチと同様、攻撃性も強く、巣を刺激すると数メートル以上の距離まで追いかけて来るので注意が必要です。
■営巣場所

開放空間(家屋の軒下や、草木の茎や枝、石垣、など)。

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。