ヤマトアシナガバチ

ヤマトアシナガバチ〔学名〕Polistes japonicus japonicus

写真準備中
ヤマトアシナガバチは、全体が赤褐色で黒色の斑紋で、キアシナガバチと斑紋が酷似しており、アシナガバチ属の中でも攻撃性の高いキアシナガバチやセグロアシナガバチへの擬態ともいわれています。
日本では個体数は少なく希少種です。
また、巣が特徴的でキボシアシナガバチと酷似し、繭のフタが鮮やかな黄緑色で目を惹きます。
ヤマトアシナガバチは、アシナガバチの中でも温厚な種で、巣を刺激しても攻撃性は弱いです。
■営巣場所

開放空間(家屋の軒下、樹木の枝、石垣、など)

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。