キボシアシナガバチ

キボシアシナガバチ〔学名〕Polistes nipponensis

写真準備中
キボシアシナガバチは、黒色で赤褐色の斑紋でコアシナガバチとよく混同されるが、前伸腹節が黒い色であることから区別する事が出来ます。
また、巣が特徴的でヤマトアシナガバチと酷似し、繭のフタが鮮やかな黄色で目を惹きます。
防衛本能が強く、刺激をすると威嚇、攻撃行動に出ます。
■営巣場所

開放空間(家屋の軒下、樹木の枝、葉裏、など)

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。