キアシナガバチ

キアシナガバチ〔学名〕Polistes rothneyi iwatai

写真準備中
キアシナガバチは、セグロアシナガバチとよく似たハチで、セグロアシナガバチと共に日本に産するアシナガバチの中で最大型種です。
胸部、腹部および脚の一部は黒色で、鮮やかな黄色の斑紋が特徴的です。
全体が黄色に見える事からこの和名が付けられました。
融通性に富み、巣は家屋の軒下や、樹木の枝などを始め様々で、ツリガネ型の均整のとれた巣を作ります。
セグロアシナガバチと同様、攻撃性も強く、巣を刺激すると数メートル以上の距離まで追いかけて来るので注意が必要です。
■営巣場所

開放空間(家屋の軒下や、樹木の枝、石垣、など)に営巣し、融通性に富みその他にも様々な開放空間で営巣します。

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。