ツマグロスズメバチ

ツマグロスズメバチ〔学名〕Vespa affinis affinis

写真準備中ツマグロスズメバチは黄色と黒の鮮やかなツートンカラーの腹部が印象的なハチです。
女王蜂が単独で造る巣の形状や、食性は広く、都市適応型のコガタスズメバチに類似します。
強風や台風の影響を避ける為、地表間際での営巣も多くみられます。
国内では、宮古島以南に生息するため、九州や本州には生息しません。
■営巣場所

開放空間(樹木の枝、草や蔓、家屋の軒下、フェンスなど)

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。