チャイロスズメバチ

チャイロスズメバチ〔学名〕Vespa dybowskii

写真準備中チャイロスズメバチは社会寄生性のスズメバチとして知られ、越冬後の女王蜂は、すでに営巣を開始しているモンスズメバチか、キイロスズメバチの巣に単独で侵入して創設女王蜂を刺殺して巣を乗っ取ります。
したがって、一時的に巣は両種のハチが混在する形になりますが、やがてチャイロスズメバチだけの巣となります。
攻撃性は非常に強く、巣の構造、防衛行動は、モンスズメバチに類似し、引越しも行います。
幻のスズメバチとも呼ばれ、滅多なことではお目にかかることの出来ない、非常に珍しいハチです。
■営巣場所

閉鎖空間(樹木の空洞部、民家の天井裏、床下、壁など)開放空間には決して巣は造りません。

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。