オオスズメバチ

オスズメバチ〔学名〕Vespa mandarinia japonica

写真準備中オオスズメバチは、スズメバチ属の中でも世界最大種で女王蜂の体長はおよそ45mmに達っします。
攻撃性は非常に強く、他の社会性バチ全般を集団攻撃します。
他のスズメバチと違う点は、餌場を決めるとそこを数十頭の働き蜂で独占してしまい、自分たちの巣ではないのに防衛行動をとる点であり、巣がなくても餌場に近寄ると総攻撃を仕掛けてきます。
■営巣場所

閉鎖空間(主に土中、木のほら、民家の天井裏、床下、壁など)に営巣し、開放空間には決して巣は造りません。
巣の形状は釣鐘状であり、外被の底が抜けています。
1メートルを超える巨大な巣を造ることもあります

対応エリア
このホームページ上の文章及び、写真など全てのデータの著作権は、当社が保有します。無断複製・転載等は禁じます。